東海設備 チラシ

ワールドPVエポック(2003年5月)

太陽光発電システムの国際会議「ワールドPVエポック・イン・大阪」についてレポートします。~東海設備株式会社チラシより

ワールドPVエポック・イン・大阪

太陽光発電をめぐる国際会議「ワールドPVエポック・イン・大阪」が、大阪国際会議場を中心に、2003年5月20日まで開かれている。太陽光発電は、無尽蔵でクリーンなエネルギーとして期待が大きい。日本は各国に比べて普及が早く、日本企業も国際競争で優位に立っている。

太陽電池

太陽光発電をする太陽電池は、50年前、アメリカのベル研究所で開発された。2種類の半導体を組み合わせて太陽光をあて、電気を発生させる仕組みだ。

確認埋蔵量は、ウランが約70年分、石油が約40年分

最大の長所は、枯渇の心配がない点だ。世界のエネルギー源の確認埋蔵量は、ウランが約70年分、石油が約40年分程度とされ、いずれはなくなる。これに対し太陽光は、地球に到達する1時間のエネルギーだけで、世界の1年分のエネルギー消費量をまかなえるという。

CO2(二酸化炭素)を排出しない

地球温暖化につながるCO2(二酸化炭素)を排出しない点も大きい。

石油と違い、地域的な偏りもないため、紛争を招かない「平和なエネルギー」とも呼ばれる。

日本企業が生産

太陽電池の半分近くは、日本企業が生産している。太陽電池の世界の生産量は、2002年は約560メガ・ワットに達し、1997年(約126メガ・ワット)から5年間で4倍となった。このうち、日本企業の生産量は約251メガ・ワットを占める。

発電量は世界一で、ドイツの2倍

日本は、生産するだけではなく、実際によく使っている。2002年の太陽電池による発電量は、日本は約452メガ・ワットで、2位のドイツ(約195メガ・ワット)、3位のアメリカ(約168メガ・ワット)を大きく引き離している。

石油危機で研究本腰

日本が世界をリードしている背景として、まず、取り組みの早さが挙げられる。1973年の石油危機を受け、通産省(現経産省)は、太陽光発電の普及に向けて2000年度を最終目標年度とする「サンシャイン計画」を策定した。ワールドPVエポック・イン・大阪の組織委員長を務める黒川浩助・東京農工大教授は「国のプロジェクトとしては異例の超長期計画が、メーカーや研究機関による息の長い研究開発につながった」と振り返る。

NEDOから補助金

家庭で太陽光発電システムを導入すると、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を通じて1キロ・ワットあたり9万円の補助金が出る。家庭用で主流の3キロ・ワットのシステムでは、27万円のコスト削減効果がある計算だ。家庭で発電した余剰電力を電力会社が買い取る制度もあり、普及を後押ししている。

シャープ、京セラ、三洋電機、三菱電機

製造業の国際競争力という視点からも、重要な存在だ。2002年の企業別の世界シェア(市場占有率)はシャープ、京セラ、三洋電機、三菱電機の4社がベスト10に入る。各社は増産を考えており、シャープは生産能力を現在の130メガ・ワットから、2003年度末には200メガ・ワットに増やす。京セラは72メガ・ワットから年末までに80メガ・ワットに、三洋電機は35メガ・ワットから2005年度に120メガ・ワットに引き上げる計画だ。

モジュールの変換効率で17-18%台

実用面では、太陽光を電気エネルギーに変換する効率の良さが重要なポイントになる。シャープや三洋電機は、モジュール(太陽電池の基本装置)の変換効率で17-18%台を維持し、世界の標準的な変換効率(12-15%)をしのいでいる。

設置費用は、1キロ・ワットあたり平均で約71万円

今後、さらに普及を進めるには、設置コストの削減がカギを握る。

太陽光発電の設置費用は、1キロ・ワットあたり平均で約71万円だ。家庭の標準な装置は3キロ・ワットなので、213万円する。補助金を考慮しても200万円近くするわけで、一般的な家庭では手が出にくい。業界では、100万円を切れば普及にはずみがつくとの見方があり、抜本的なコスト削減が技術開発の焦点となる。

ワールドPVエポックとは

太陽光発電(PV)普及のための世界最大のイベントで、今回が3回目、日本では初めての開催となる。4、5年に1回開かれることから「PV五輪」とも称され、各国の関係者が最新の研究・開発成果を持ち寄る。今回は、大きく分けると、学術会議「第3回太陽光発電世界会議」、117社による「太陽光発電世界展示会」、政策担当者による「IEA太陽光発電システム国際会議2003」と3つの催しがある。